セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【高3五】09/29(日)

【9/29日】
13:30-15:45
■日曜日にお越しいただき、どうもありがとう。

 

【内容】
センター試験英語2014本6「音楽とオーディオ」
センター試験英語2016追2「文法」

 

【ようす】
■「文法」は、目新しい出題というものがなく、いたってノーマル。どの問題もプレーンなものなので、また出題の可能性あり。不明だった箇所は、徹底しておさらいを。「例文を書いて覚える!」コレが皆さんには必要。

 

■英語は、英文自体は勉強になるので、またいつものように(?)声に出して一通り読んでください。

 

■ボヤきですが、この2014本試験第6問目を担当したこの日本人執筆者が、センター試験の出題統括責任者だと思われる。この出題者のオーディオ・音楽趣味、センター試験に露出させるのは、もううんざり。

 

■2010年リスニングNo23~に「ハイドンの交響曲『告別』の名前の由来についての会話、2013年本6に「ダンスの歴史」、2014年本6にコレ「オーディオ」、2016年本6に「オペラ界の金銭的事情」、いずれもこの出題者の趣味満載。

 

■センター試験に自分の趣味を露出するのって、いいかげんにしてよ、おじさん!
...って意識するってことは、木村も「同じ穴のムジナ」か!?