セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【高3五】10/24(木)

【10/24木】

18:30-20:45

■学校講習後、お疲れのところ越しいただき、どうもありがとう。

 

【内容】

■センター試験数学IIB2011本2「微積分」

■センター試験数学IA2016本3「条件付確率」

■センター試験数学IIB2010本1-2「三角関数」

■センター試験英語2018本3「不要文除外」

 

【ようす】

■「条件付確率」は、この2016年から出題が開始されました。出題の誘導は、やさしく慎重で、15人の皆さんほぼ全員が、ものの6,7分でケリをつけていました。みんなスゴい!

 

■「微積分」は、ごく素直なパターンでした。

■2019~2012まではセミKですでに実施済みでしたので、さらにさかのぼりました。久々に実施しましたが、チョイとエンジンのかかりが遅い方も。

 

■「三角関数」は、実力の差が、かなり出ていました。

■この分野は、2013年2014年は本試験で出題がなかったのですが、それ以前がなかなか泥沼の難しさになる問題もあり、逆にその後から現在の出題がずいぶん簡単な「小問集合」となっている現状です。この5,6年の出題に慣れている人にとっては、痛いけど良い刺激になりましたね。

■「sin(90°-θ)=cosθ」などの、三角比の基本、思いつかなかった方、「三角関数」センター過去問をまとめて練習だ!

 

■英語は、「質より量」の流行のパターンを。じっくり解説すると退屈されちゃいそうな(?)ごく容易な英文でした。不要な選択肢をハジく要領、ボクはそう思ったけど、皆さんはいかが? ある程度ご参考に。