セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【中3五】11/16(土)

【11/16土】

青組...15:00-16:45

赤組...17:00-18:45

■今日は寒くて強風。お休みの日の午後お越しいただいて、ありがとう。

 

【内容ー青組

■数学「二次関数と相似」県立入試H22-4(p2,3,4,5)

■数学「いろいろな関数」p1,2,3,4

■数学「相似ー作図」p2

 

 

【内容ー赤組

■数学「二次関数と相似」県立入試H22-4(p2,3,4,5)

■数学「二次関数と相似」県立入試H10-4(p1,2,3)

※p3途中まで

■数学「いろいろな関数」p1,2,3,4

■数学「相似ー作図」p2

 

【ようす】

■今日は、県立高校入試問題を使って、期末テストのトレーニングをしてもらいました。

 

■二次関数座標平面上に出現する相似図形を解くという、中学数学でもっとも高度なテクニックをチョっと味わってもらいました。

 

■数学は、さまざまなテクニックが要求されるようになってきました。今回の図形分野だけで、証明・計算・作図と盛りだくさん。加えて、いつもの五所川原第一中学校の試験範囲「習った全範囲」という適当っぽい範囲では、なかなか試験勉強に向かう意欲がわきづらいとことです(この中学校の教諭には「教育的配慮」「育ててあげようという配慮」というものはないのでしょう...)。

 

■と、ボヤいても生産的ではなかったですね。次回は、相似の作図と、二次関数平面の中に相似図形が出現する複合問題(入試問題)は、一人で解き進むにはきついけど、解きなおしてみると、なんだか数学がすごく高いところから眺めることができる気がして、楽しさ倍増ですよ。

 

■ほかに、数学の教科書の単元タイトル「いろいろな関数」を少し練習しました。とはいえど、目新しいのは、いわゆる階段関数のうちの床関数1つだけ(この言い方では習わない)。あとは、既習の二次関数(放物線)と一次関数(直線)を区間が変わるごとに合成する(つなぐ)だけのつぎはぎ関数(この言い方はボクがでっち上げました)。


■「床関数」。描き慣れれば簡単。携帯料金から所得税や社会保険料の課税まで、現実社会での応用範囲は極めて広い。「料金関数」「税金関数」「とられるお金の関数」と言ってよいくらいだ。ムダに学校にかよって二次関数なんかにうつつをぬかしている場合ではない(;^^


■平坦線の始点と終点が、「含む」「含まない」の黒丸白丸のいずれなのか、じゅうぶんよく考えよう。

 

■五一中はじめ西北五地区&弘南地区で使っている数学検定教科書「啓林館ー未来へひろがる数学3」には、レンタサイクルの料金の事例で出ているが、「いちばん得な借り方はどれだろう」と、実は「いちばん税金がお得になるのはどれだろう」を巧妙にカモフラージュした、生徒もおまぬけ公務員学校教諭も気づかない禁断の問いかけがある(笑