セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【高3五】12/13(金)

【12/13金】

19:00-21:10

■今日は五高講習がなかったところ、セミK開始まで数時間が開いてしまい、ご不便をおかけしました。それでも全員もれなくお越しいただき、どうもありがとう。

 

【内容】

■センター試験数学IA2019本4「条件付確率」

■センター試験英語2014追6「長文;記数法」

 

【ようす】

■数学「確率」は、今年1月に出題の問題なので、皆さんサクサクと...と思っていたところ、意外にも時間内完答ができず、なかなかてこずっていました。

 

■袋と球とのルール(「直前に取り出した球の色の袋から次に取り出す」)が、大きな足かせとなりましたね。

 

■一般に、確率は、計算自体はカンタンなんだけど、よほどシャープでクリアーなアタマで、ハッキリ強い意志で「場合分け」しないと、すぐに区別困難となります。

 

■また、計算用紙には、計算ばかり書かないで、何の計算をしたのか、カンタンな表題と自分のした過程がすぐ取り出せるように書いておかないと。

 

■今日の問題はゼヒ、よく眠って爽快なアタマで、もう一度解き直すべきでしょう。

 

■英語「記数法Counting System」は、高校生なら「n進法」と表現するよね。といっても数学的な内容ではぜんぜんなくて、イギリスの通貨単位などおもしろいものがありました。

 

■いつも最後に置かれて受験生の時間を食う英語長文問題ですが、今日はどなたも規定時間をたっぷり残して読み終えていました。センター英語は、「正解肢を選べる」ようになったという点では、ずいぶん進歩しましたね。欲を言えば、和訳課題を利用して、国公立二次試験もバリバリ進めるよう、さらにパワーアップしてください。