セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【中3五】12/17(火)

【12/17火】

17:00-18:45

■雨の中お越しいただき、ありがとう。

 

【内容】

■理科「柱状図」p1,2

■理科「星の見え方」p13,14

■理科「月」p1(補足訂正)

■公民「裁判所」p1

■公民「議院内閣制」p1,2,3

■公民「地方自治」p1,2

 

【ようす】

■今日は、おもに五一中の実力テスト対策をしました。

 

■五一中の理科の実力ですが、どなたもおしなべて知識が欠損している箇所があり、不思議さに堪えません。中1中2の頃に学校で授業をしなかったなどの何か公にできない事情があったのでしょうか。

 

■公民科目は、学校で1回すっ飛ばして学んだ(?)のみでは、なかなか知識に定着していないようすです。

 

■近隣の公立中学校は、毎月のように2,3社の業者の「実力テスト」を実施しています。思うのですが、職員室の皆さんはラクしてお給料をもらえる点、ご同慶の至りですが、生徒にとっては、無駄に中1中2の復習ばかり多く、業者が違うと同じ試験範囲が無駄に何回もかぶり(今年の事例「地震波の計算」「定比例の法則(銅と酸素の比)」)、またテストの内容は入試に出ないような難問奇問が多い(例「数学の[3]図形分野」)わりには、中3の範囲をほとんど練習できず...。それらが無駄な重圧感や中3の内容を履修する進度の妨害となっています。

 

■ゆとりの職員室生活をエンジョイなさっている間に、日本でもっとも遅れてしまい、業者テストの範囲すら終わっていない事態となりました。

 

■このお部屋の数十名の方々の豊かな生活は、数百名の涙と犠牲の上に成り立っている気がします...、なんてね。セミKのみんなは犠牲者にならないゾ!