セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【高3五】12/17(火)

【12/17火】

19:00-21:10

■雨の中遅い時間にお越しいただき、ありがとう。

 

【内容】

■センター試験数学IA2017追2-1「三角比図形」

■センター試験数学IA2017追1-2「論理問題」

■センター試験英語2016本4「資料;米国内向けオレンジの出荷量推移」

 

【ようす】

■図形問題は、今日お越しの皆さんどなたにとっても、すべてやさしいレベルの問題でしたが、最後の1問、正弦角どうしの比を求めさせられる問いに、大いに苦労しました。

 

■ボクの解法は、高1のとき初めて正弦値を求めた「直角三角形の高さ/斜辺」と、中学生の「相似」を使って説明してみました。こりゃ簡単だった、けど、そもそも外接円自体を書くのが、ストレスでいっぱいでした。

 

■ただ、この箇所は、マーク箇所でいえば、12個中2個のみ。

 

■今となっては言えるけど、自分の目指す大学の目標得点率が70%程度なら(弘大は50%~60%程度)、捨ててかまわない。この1問に時間を浪費するくらいなら、次の大問に移って解き進んだ方がいい。でも、練習のときは、かならず理解しなくてはだめだ。後半の難問箇所を解くことで、次に出会う前半分野は確実に簡単に速く解ける。

 

■センター試験には、学校実施の業者模試みたいな奇問珍問はない。深い理解を問おうとする出題者の智恵や意図は後半部分にあり、じっくり練習することで、彫りの深い理解が可能になる。もう一度ゆっくり考えましょう。ゆっくり考えれば速くなる。陸上競技長距離走の基本と同じ(!?)。

 

■オレンジの話は、統計資料とはいえ、清涼感がありましたネ!? 帰りがけ、ネーブルオレンジとバレンシアオレンジは、買ったかな!? ひとときの非日常を味わいましょう(^o^