セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【高3オンライン】4/9(金)

今日もオンラインにスタンバイしていただき、ありがとうございました。

 

【4/9金】

英語1990追5;論説文"butterfly"

 

第1回センター試験追試験第5問目の論説文。たぶん日本人の手になる、非常によく推敲された英文。

蝶は、現代でこそ、「追いかけたことのあるキレイな生き物・博物館で美しくピン留標本となっている生き物」「『蝶の収集家』もいる」という存在だ。

が、万葉の昔の日本では「死者の魂の移り変わった姿」「畏怖の対象」、仏教が普及するにつれて「死後の世界の象徴」という印象が募っていく...とは...。

内容的に、神秘的で、センター30年の歴史を通じて、これのみがたいへん異質な雰囲気のある論説文です。

ぽかぽか陽気が続いた入学式シーズンの春たけなわのこの時期、吹雪で一面銀世界に戻った今日のような週末の夜に、もう一度読み直してみるのも、受験のための勉強から少し離れて、何か独特の世界を孤独に楽しむ雰囲気を味わえるでしょう。