セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【高3クラス】4/10(土)

今日はお休みのところ、教室にお越しいただき、長時間ありがとうございました。

 【4/10土】

数学IIB2003本3;空間ベクトル

英語1994本5;論説文「Neanderthal」

 

 今日のベクトルも、ボクのようなボ~っとした受験生にとっては、本試験で使える20分程度の時間枠では半分も厳しいくらいのヘビーな量でした。

 基本の位置ベクトルを使って、合成し分解し、内積や挟まれる角cosθを求め、の、基本ワザの繰り返しですが、作業量が非常に多く、腕の筋肉持続力を試される(!?)...ってか(;^^。

今日あと2回ほどおうちで書いてみましょう。2回目なら、理解し征服した充実感があるけど、それでも、時間内に書き上げるのはタイヘンです。

どう略して書き進むか、書いた成果をすぐ参照できるには、さっきの結論をどうメモとして配置すればいいか、その点の自分なりのコツを掴むことが、ここで練習し家で復習し、本試験で高得点をゲットするための、有意義な行為でしょう。

 

英語は、前回のイマ風ヴィジュアル系問題とはうって変わって、お堅い論説文を読み進みました

現代人が誇る人類史上最大の福祉社会に対して、有史以前の旧人ネアンデルタール人の遺跡、遺骨群、うち一体の男性の遺骨は右腕が発達不全で肘から先が切り落とされているものの、推定年齢は高齢の40歳...集団全体が彼が高齢になるまで彼のいのちを支えたはず...。これに対して現代社会は?

分量は少ないけれど、これもヘビーな内容でしたね。