セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【高3オンライン】5/19(水)

今日もオンラインにスタンバイしていただき、ありがとうございました。

 【5/19水】

センター試験数学IIB2004本2;微積分

 

今日の難易度も、センター試験のレベルとしては最も基本的で、しかも面積も図も不要な、計算のみですべて解ける問題でした。「今日はカンタンなので...」とあなどるようなコトを言いながら進めたところ、時間が足りなくなってしまいました...おまぬけな授業をしてしまって、ごめんなさい。

センター試験IIBの出題のとっかかりに、わりと頻繁に、微積分も、数列も、三角関数にも言えるのですが、初めて習った高2のときのような原理原則論から切り出してくることがあります。今日の問題は、(1)の後半で「bを限りなくaに近づけるとき、点Tは限りなく点Uに近づく」という「lim(極限値)a→b」の表現がありました。身構えましたが、でも、することは、bをaとみなした計算処理をしてしまえばよいのでした。

(2)では「軌跡」「接線」の出題でしたが、これまでどおりのパターンでした。とは言え、「同じパターンだから」で省略されちゃぁ授業に参加する意味がないですね。時間を足りなくしてしまって、(3)まで行きつけませんでした。反省しています。

次回、(3)から説明します。これはお絵描きした方がいいですよね。これからは1回の時間中に1問を片付けて、次回にまわさないよう気をつけます。