セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【高3オンライン】6/14(月)

今日もオンラインにスタンバイしていただき、ありがとうございました。
  
【内容】
センター試験 数学IA2003本4;図形
 
今日は、皆さんが生まれた年のセンター試験数学IAの、選択の図形を。
選択の「図形」は、進学校の場合、「整数の性質」と排他的選択となります。学校の先生はほとんどが、「整数の性質」を選択するよう勧めてきます。
「整数」は、ユークリッド互除法など計算をたくさん積み重ねて結論に達するので、なかなか時間を食われます。
他方「図形」は、ひらめいたら2,3分ですべてケリがつく、のですが、ひらめかなければ永遠に答えが出ない、ギャンブル的な...
■...ってワケじゃ~ないですよ。ひらめくには練習。これは数学の全分野に言えることではないでしょうか。
やってお分かりの通り、今日の図形は、例えば「AG = ?」を出すには、少なくとも3通りのやり方があり、うち「△ABGは二等辺三角形の片辺じゃないか!△AIG∽△DIBで計算するより速い!」と気づいて取捨選択して突き進められるのが理想。でも「3通りくらいある→こっちのやり方の方が速い」という判断は、ひとりで勉強しているときに、答えが出た後に、改めて別ないくつかのやり方をあえて試しているからですよ。
 
図形分野って、パズル、息抜きですよ。ヴィジュアルに語りかけてくるものがあるので、計算だらけの数学アタマを休めるつもりで、楽しむひとときにしてください。
 

f:id:SeminarK:20210614212441j:plain