セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【中3オンライン】6/23(水)

今日もオンラインにスタンバイしていただき、ありがとうございました。

【内容】
英語「Unit2」本文 p4
歴史「日中戦争」p2
 
7月7日は七夕。他方、いま学んでいる歴史では、1937年7月7日は盧溝橋事件の日。現在の中華人民共和国では七七抗戦記念日」として、年間15日ほどある「休日でない記念日」の1日となっています。他に、「五四運動記念日」「中国共産党誕生日」抗日戦争記念日」など、この頃の歴史的事件を忘れないための国民の記念日があります。
これに端を発した日中戦争とそれ以降の昭和史は、心が痛みますね。1929年の大恐慌以降、1945年の終戦までは、たった27年間ほどですが、歴史教科書に掲載され、私たちがおぼえるべきことは多く、占めるページ数は大きく、内容は暗いです。
孫文...日本が欧米のような帝国主義を採り「覇道(侵略への道)」を行くことを諫めた、「中国革命の父」も、また、蒋介石...結果的に日本と交戦し、日本から「援蒋ルートの孤立化政策」という憂き目にあう彼も、両者とも、日本に留学、日本に亡命、大日本帝国陸軍に仕官経験がある、たいへんな親日派でした。
2人の人物像を徒らに美化するわけにはいかないのですが、歴史は、どの小さな一面を切り取っても、心に突き刺さる破片となりますね。学ぶことは尽きないと思います。