セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【中3クラス】6/24(木)

今日も教室にお越しいただき、ありがとうございました。

【内容】
英語「Unit2」本文 p5, 6
歴史「第二次大戦と太平洋戦争」
 
詩」というのは句頭か句脚に「韻を踏む」文学形式を言うんだけど、日本には、その形式は、ない。日本文学?唯一の例外は、小田島訳のシェイクスピアといっても過言ではないと思います...ってことはともかく、今日は、音を合わせる「詩」の形式を、これまで習ったんだけど気に留めていなかった、
その1) 漢詩...中2で習った、杜甫「春望」
その2) ドイツ語の詩...中1音楽で習った、シューベルト「魔王 (ゲーテの詩)」
の原文を見て実感してもらいました。学校じゃぁ~、やんないか。
 
試験前、歴史の復習として、イマ、セミKでシリーズ実施中(;^^? の「自分に対して図解で説明」。今日は、ヨーロッパでの第二次大戦の経緯、太平洋戦争の経緯、を、時系列を追って、A4用紙の白地図に、どんどん書き込んでもらいました。
 
学校でも他の場でも、やったことのない練習法だと思います。が、いかが? 文字だらけの歴史教科書とその暗記にくらべて、ビジュアルに歴史を追えるので、かなり「効く」のではないかと思います。まだちょっと違和感があるでしょうが、今回の試験範囲、セミKではコレでやってみましょう。