セミナーK-今日のふりかえり

今日の授業はこんな内容でした

【高3オンライン】6/30(水)

今日もオンラインにスタンバイしていただき、ありがとうございました。
 
【内容】
センター試験 数学IA 2007本3;図形
 
これもオーソドックスな問題でした。(1)は、余弦定理と正弦定理に代入でウォームアップ。(2)の出だしの面積比で、すぐまた手が止まる...くじけそう...(^^?
図形に戻り、△ABCの面積S1=...を、公式「S=1/2 a・b・sinC」でつくってみる(S1=1/2 AB・AD・sin∠BAD)。同じく△BCDの面積S2=...もつくる。すると、この比が、「...①」の関係にあるとわかるから、分子分母に代入すると、すぐCD=1/2 ADと出るでしょう。
S3とS4も登場しましたが、気づくべき最大のポイントは、この2つは相似図形だということだ。すると、「面積=(相似比)^2の関係から、S3/S4=7/2...②とでるでしょう。
あとは、S3=S1+S2+S4であることを考慮して、上の①を「S1=...」に変形し、②と組み合わせて代入すれば、満点だったのでした。
 
2回目やってみると、グっと簡単だし、もっている知識という道具をダイナミックに縦横無尽に活用させるセンター試験の、出題者のプロットやギミックに「う~ん、なるほど」と感心するし、それが、おもしろさにつながるでしょう!
 

f:id:SeminarK:20210707162705j:plain

IA2007hon3